オーダーについて

モノが売れない時代だといわれます。

実は私も最近欲しいものがなくなってきています。

歳のせいで物欲がなくなってきているんだと自分で思っていました。

でもはたと気が付いたんです。

最近自分が買ったものを振り返ってみると。

 

皆さん興味はないでしょうが、あげていくと、

○色々なサイズのステンレスの勾玉フック

○古い木の箱

○ジャケットのボタンを全部交換でオーダー

○電気工具

○スウェット地で作るカーテンのオーダー

 

ここしばらくの買い物です。

 

1つ目の勾玉フックはキーホルダーを作るためでした。

電気工具も自分での工作用です。

ボタンはshop近くのお店でいいのがあったので、

着でいないジャケットのボタンと付け替えてもらいました。

カーテンも生地を買ってきて、縫って貰っています。

木の箱は海外から買い付けてきた1930年代のもの。

 

どれも一般的に売られているものではなくて、

1点ものやそれを作る為のものばかり。

結局私の物欲がなくなったんじゃなくて、欲しいものが売られていないんだと。

 

もしかして、皆さん同じなんじゃないでしょうか。

買いたいものは有るけれど、気分にぴったりのものが売っていない。

そんな方結構いるんじゃないかと思うんです。

特に私たちの業界の家具なんて、モノが大きいだけに本来は決めこまやな対応が難しい。

でもmuku-moは全てが自社工場で自社生産。

鉄だけ、木工だけは自社で製作しているところは多いでしょうが、

両方やっているところはそうそうないんじゃないでしょうか。

 

その強みをいかして、あらゆるオーダーに対応が可能です。

つい先日も、鳥かごを置くための台や、草亀の為の柵を作らせていただきました。

ちょっと欲しいもの、あったらいいなと思うもの、是非一度ご相談ください。

お待ちしています。

 

記事をシェアしてくれるとうれしいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)