作り方はアイデア次第

こんにちは、山下です。

最近あたたかすぎて車の運転中勝手にまぶたが落ちてきます。

前の日しっかり寝ていたとしても、眠いという感情も与えないまま勝手に下がってきます・・・恐ろしいです・・・。

花粉症や風邪で薬を服用される方も多い時期だと思うので、皆さん一緒に眠気と戦っていきましょう。

 

花粉が多いのはつらいですが、やはりこの時期の快晴は気持ちがいいですね!

雨女なので尚更そう思います(笑)

気分が良くなって事務所の中を散策してみたりすると、やっぱりMUKU-MOの中にあるのは鉄・木・鉄・木・・・。

現在香川店舗は休業中ですが、店舗側に入るとぱっとインダストリアルな雰囲気が広がります。

そこで改めて鉄と木の様々な可能性を感じることが出来ます。

 

「鉄家具」と一口に言っても色々あります。

シンプルにテーブルの脚。

 

椅子の脚。

曲げてみれば様々なシェルフにも。

極太アイアンバー×S字フックでカーテンレールにだってなります。

角パイプ、丸棒など、シルエットによっても印象は大きく変わりますよね。

また、サビも雰囲気を決める重要なポイントの一つです。

これらの組み合わせによって何通りもの「鉄家具」が作れるということですね。

 

木にも色んな顔がありますよね。

木には様々な種類がありますが、それぞれにそれぞれの特徴があり、良さがあります。

シーンに合わせて使い分けられるのが良いですよね。

MUKU-MOでは主にオークやウォルナット、古材などを天板や棚板に使っていますが、こちらもまた色んな顔が楽しめるんです。

シンプルに重厚感のある無垢天板も良いですが、

ヘリンボーン柄にしてみるとデザイン性が加わりまたガラリと印象が変わります。

古材も細かく分けると足場板やUSバーンウッドなどがあり、表情も全く違っていおもしろいですよ。

木はこの他にもウッドフレームや看板としても使用しています。

本当に鉄や木はいろんなことが出来ますね。

こちらのアイデア次第で何にでもなってくれるんじゃないかって思うほどです。

もちろん、皆様のアイデアもお待ちしています。

秘めた可能性を皆様で引き出せるかもしれません(^^)

鉄や木の魅力を感じていただいて、なおかつMUKU-MOの商品を気に入ってくだされば嬉しいなぁと思う今日このごろです(^^)

 

 

 

 

記事をシェアしてくれるとうれしいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)