時と共に朽ちていく美

こんばんは。大矢根です(^^)

香川県の高瀬町にある珈琲屋あめつち珈琲さんのサビ看板

サビ鉄板看板「あめつち珈琲」

をベースとしたオーダーを頂きいざ表札製作!
MUKU-MOは経年劣化でおこる錆びをアジとしていますが、あえて鉄板を錆びさせる錆び看板

 

錆び促進剤を用いて錆びさせていき、

シルクスクリーンでロゴをいれます♫

あめつち珈琲さんとは違った錆び感

錆び看板ならではの唯一無二の仕上がり

 

同じ錆び方なんてしないのがいいですよね♫
錆びって聞くとどうしてもマイナスなイメージが浮かびますよね。

「身から出た錆」ことわざも何だかマイナスな表現に錆びを用いますよね(^_^;)
でも錆びを美だと感じる方もいますし、
錆びで時間と歴史を感じる方もいますよね♫

 

最近なにかとよく聞くエイジング

古くエイジング塗装をすることはDIYでも人気ですよね。

錆びたような風合い

錆び風の塗装にもってこいの
アイアン塗料シュペンパンザーのコッパーも人気商品ですが、

アイアン塗料シュペンパンザー(1L缶)

 

塗装との違いは・・・

本物のサビを取り入れる看板ならではのこの重厚感

長い期間で錆びを育てるのもよし、

最初から錆びたものを、更に錆びていくのを楽しむのもよし♫

 

時と共に朽ちていく姿って美しいですね。

鉄から出た錆びが鉄を腐食していく。

最後は結局、自然に戻る姿。

 

錆びって美しいものなんだなっと再確認しました(´ー`)

記事をシェアしてくれるとうれしいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)