看板修復してみました。

MUKU-MO LABのイベントになると役にたてない系スタッフ大矢根です。

展示販売に向けて、私はカバンは作れないので看板をリメイクしてみました。

先日までの展示販売にてMUKU-MO LABの顔になってくれたA看板

看板さえだしておけばMUKU-MOの領域です(笑)

 

実はこの看板、私が入社するより前にあったのでもう3年以上使われています。

リメイク前のA看板

いろんなイベントに参加したすえ、搬入や運搬時に傷がつき、

雨の日も屋外に置き去りにされながらもMUKU-MOの顔として頑張ってくれたA看板

 

リメイク後のA看板

アイアンフレーム(鉄枠)やボルトはいい具合にサビてアジがあったので、あえてそのまま再利用です。

鉄板部分を外し、アイアンフレームのオイルメンテナンス後、新しいデザインを彫刻した鉄板に張り替えました。

 

古びたから捨てる。ではなく、古びても、いいところは残し、修復していく。

そんな鉄の歴史とMUKU-MOの歴史がつまった看板のお話でした。

これからもMUKU-MOの顔としていいアジ育ててくれると思います。

 

イベントに参加される方や飲食店、美容院の看板にもオススメな、持ち運びや収納にも便利なのに重厚感のあるアイアンA看板をMUKU-MOでオーダーされてみてはいかがでしょうか(^^)

Facebook

各店舗のFacebookページです。

MUKU-MO香川

MUKU-MO神戸

Instagram

カッコイイ「MUKU-MO Instagram」をお届けします!
→ follow us MUKU-MO