鉄脚の話と はじめまして

こんにちは はじめまして。
新しくMUKU-MOの仲間に加わりました合田と申します。
神戸エリアの責任者と建築の担当をさせて頂きます。
神戸では何かありましたら全て私の責任ですので、なんでも仰ってください。
雨だけは勿論山下の責任です。

元々私は設計者としてMUKU-MOで什器などをオーダーして作っていました。
いつの間にかMUKU-MOの鉄と無垢材に惹かれて入社することになってしまいましたが、
今日は当時オーダーしてそのまま商品化されたものの一つをご紹介します。

《鉄脚》 テーブル用パイラインアイアン-006

《鉄脚》 テーブル用パイラインアイアン-006

イタリアンレストランのテーブルの脚としてオーダーしました。
皆さんレストランのテーブルの脚、きちんと見た事はありますか?
ほとんどの方が記憶にないと思います。
そう、あまり省みられることのない部分で、大概シンプルなものを使うか、
ホームセンターのガーデニングコーナーにありそうなものを使うかなんですが、
あえてこだわって作りました。

独特の脚の形状は、アンティークの製図用チェアの脚が元ネタです。
高さや曲げ具合をかえて作っています。
この曲げ加工が実はMUKU-MOの本領発揮部分で、
丸い断面の形を保ったままこれだけ曲げることのできる家具屋はそうはありません。

実物はMUKU-MO 神戸に有りますので、是非一度ご覧ください。

ご来店お待ちしています。

記事をシェアしてくれるとうれしいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)