名古屋チョークアートの旅

こんにちわ!

チョークアート描いてます花岡です。

1、2月と自分の絵に迷走状態に陷っていました。

そんな時、muku-moでお世話になっています、チョークアートアーティストmashartさん

の個展が名古屋で開催するという事を知りました。

今のわたしには刺激が必要だとおもい瀬戸内を渡り

名古屋に行かさせていただきました!!

名古屋駅から思ったより遠く、電車を何回か乗り換えたどり着きました!

GALLERY龍

 

入ってすぐ左のトイレギャラリーとうい場所で

mashさんのチョークアートが展示されておりました。

トイレギャラリーという事でその名のとうりトイレの壁

ちょっと斬新な展示の仕方でびっくりしました!

GALLERY龍で初展示する作家さんはトイレギャラリーからスタートするらしく

評判が良くなると大広間の方に展示されるとオーナさんがおしゃっておりました。

http://www.t2y.info/

 

残念ながらmashさんはおられず、お話をお聞きする事ができませんでした。

ですが、mashさんの絵を見るだけで

迫力、技法、メッセージ性、表現力、

を言葉を聞かなくても、

ずっしりと感じることができました。

Instagramで作品を拝見しておりましたが、

写真でみるのと、実物を見るのとは全然作品の感じ方が違いました。

作品の大きさ、独特の画板の作り方。どれも実際見ないと分からない事。

改めて実際に見て感じる事の大切さを学びました。

 

mashさんありがとうございました。

まだまだ名古屋のチョークアート旅は終わりません!

そう名古屋!!わたしがチョークアートを学んだ場所!

水谷先生の所に行ってまいりました!

遊びに行ったわけではありません!ちゃんと勉強してきましたよ!

「ハンドレタリング体験」

時間がなく体験なんですが、

 

水谷先生がこの冬にオーストラリアに行き

チョークアート創設者のモニークさんから

新しい技術を学んだ

モニークハンドレタリング

ちょうど3月から水谷先生のところで開講されたとういことで

体験してきました!

 

デザインという分野では絶対かかわるレタリング。

今やデジタルで簡単にできますが、

アナログで文字にオリジナルのデザインとなるといろいろな技法を使って計算したりとちょっと手間がかかります。

わたしは苦手です

ですがフリーハンドで描くレタリング。難しくなく、一筆で文字を自由に表現できます。

また新しい事を学びました。

 

そうですね。

わたしはここ最近、狭い空間で考えを囚われていました。

 

幅広く自由に自分らしく表現すること!もっといろんな事を見ないといけないなと思いました。

今回の旅で出会った技術力、表現力、を活かして良いモノを作って行きたいと思います。(*^_^*)

 

記事をシェアしてくれるとうれしいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)