唯一無二の切り鉄文字

コンビニのおにぎりよりも
人が握ったおにぎりの方が断然好きな大矢根です。

あの丸みを帯びたシルエットと
なんとも言えない絶妙な握り具合と塩加減

機械よりも人の手でつくる手作りっていいですよね。

切り文字の表札

壁取り付け用 サビ看板「DULTON」

鉄筋表札もかっこいいですけど、
個人的にはMUKU-MOの表札の中では1番好きです(^_^;)

オーダーいただいた切り文字看板

 

溶断ならではのアジとも言える
この裏側の鉄の溶け跡が生き物みたいで特に好きです♫

人がガスで切るからこそ、同じ形の文字が存在しない唯一無二の文字

機械でサクサク切れる時代だからこそ
こういった温もりのあるものっていいですよね!

手切りなのにこんなにもきれいに切れる職人技って凄いですよね・・・
MUKU-MOのアイアンマンが
切った鉄文字をアイアンバーに溶接したのを

受け取ってから塗装をします♫

今回はサビ塗装♫

サビさせないところを養生し、
スプレーでサビ促進剤をかけます♫
今回はお客様のオーダー品ですので、
サビ具合はお客様に調整していただけるよう

サビ促進剤と共に表札をお送りいたしました♫


自分好みのサビを育てていただけたらと思います♫

 

記事をシェアしてくれるとうれしいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)