焼印特訓

押して押して…焼印。
たくさん押して特訓です!本番は一発勝負となりますからね。
焼印一つとっても奥が深いです。木の表情は様々で押すポイントも一定していません。特にMUKU−MOの取り扱う無垢オークは手強いです。そして焼印自体の熱の温度、周囲の気温や湿度によっても違いがあります。だから同じ焼印跡にはなかなかなりません。

焼印

焼印山盛り

これがまた手で押すことの面白さ。あなたのもとに届くMUKU−MO家具の焼印跡はどんな風合いになるのか………。
楽しみにしていて下さいね。

記事をシェアしてくれるとうれしいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)