1年前のエプロンと今のエプロン

どうも!MUKU-MOの雨女こと山下です(笑)

火曜日は私の香川入りが夕方だったため雨が降りませんでしたね…皆さん良かったですね…(笑)

しかし私がブログを更新する今日は大雨ですよ、ほら。

雨女の力健在ですᕦ(ò_óˇ)ᕤ

 

ここからは雨とは関係のない話を・・・

先週の土日に神戸に出勤していたことをブログにも書かせていただいていたのですが、その時に私はオーダー品を作っていました。

今回は既製品にないタイプのエプロン。

腰から下のエプロン、つまりサロンのオーダーでした。

サロンのオーダーは以前にもお肉料理屋「GALLO」さんに肉肉しいのを作ったことがあり、今回で2回目。

↓ちなみに以前のオーダーサロン

カーキ×ホワイトのバイカラーも可愛かったですが、今回はブラウン1色でシンプルに仕上がりました。

↓今回のオーダーサロンがこちら

 

サロン本体の幅、ポケットの大きさ、腰紐の長さは既製品のステンシルキャンバスエプロンと同じです。

ただポケットはざっくりと2つに分かれているだけ。

両手がスッと入り、ものの出し入れが楽そう。

本体の長さは50センチほどです。

ちなみに店長が身に付けるとこんな感じ。

服のまくりかたは置いといて・・・

とっても程よい長さになりました(^^)

形はすべてのパーツが長方形と至ってシンプル。

ただシンプル故にいかに綺麗にまっすぐ縫えるかがポイントになってきます。

定規を使いながら、まっすぐまっすぐ・・・

エプロンを縫っているときによく思い出すのは、神戸に来たての頃のことです。

はじめはミシンでただまっすぐ縫う、これだけのことがとても難しかったです。

直線が多いエプロンや作業手間が少なく割りと簡単にできるポーチなどを中心に練習していました。

お陰でエプロンは売れ筋商品、ポーチも沢山の方の手に取りやすい定番商品となりました。

こうしてオーダー品にもつながっています。

一年経って、ちょっとでも何かができるようになっているということは、嬉しいものです。

私ははじめから上手くできるタイプではないと自負しておりますので(汗)、こうした日々の積み重ねは何事においてもすごく大事になってくるなぁと思っています。

私の周りには尊敬している人がたくさんいるので、良いところをたくさん見習って頑張りたいと思いますm(_ _)m

ではあともう少し、香川での作業に励みます!

もう雨は降りませんように・・・

 

記事をシェアしてくれるとうれしいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)