変化し続けることこそが「新しい何か」を生み出す条件

ムクモ看板

どうもこんにちは!ムクモの矢野です。

今日は「変化」について思っていることを書きたいと思います。

このブログを読んで頂いている方であれば伝わると思うのですが、MUKU-MOはすごいスピードで常に変化しています。

一つの場所に留まらず色々な場所に出向き、色々な種類のものづくりをし、色々な方とお会いしています。
そしてその中でスタッフそれぞれが感じたこと、考えたことを活かして、日々「変化」しています。

「変化しない」のはおもしろくない

安定していて、日々決まっていることだけをするというのは、簡単です。何も考えなくていいですからね。

でもムクモはそれとは真逆です。変化を求めています。

当然良いように変化することが一番ですが、悪い方への変化も後々になってみると「経験できてよかった」と思えます。

悪いことを経験しているから、未来の良いことへとつなげていける。

そんな気がするのです。

だからまずは「挑戦すること」

とにかく挑戦してみる。挑戦してみると思っていた以上の収穫があります。ものづくりで言えば失敗することで、次にその失敗はしない、同じような起こったときなど経験として活きてきます。

そして、そんな物質的なものだけでなく、内面も鍛えられていくように思っています。

失敗と成功。成功するのが一番いいと思ってしまいがちですが、前向きな失敗であればどんどんするべき。
…と個人的には考えてます!(たぶんムクモもそのはずw)

前向きな失敗

前向きな失敗というのは、「精一杯やった上での」という条件つきです。
精一杯やって、考えぬいて、やり尽くした上で失敗したのであれば、それは今後に活きてくるはず。

失敗することで

「ああ、このやり方はダメだったんだ」

とはじめて気づきます。

だから何もしなければ、その考えが「いいのか、はたまた悪いのか」を知るすべがありません

だから、これからもたくさんの失敗をしていくことでしょう。

だけど、その失敗は必ず未来のムクモの糧になるはず。

そう信じて今後もたくさん挑戦(失敗)したいと思います(笑

記事をシェアしてくれるとうれしいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)