試作×試作=成長

こんにちは。

店長に讃岐弁講座を開講している山下がMUKU-MO LAB情報をお伝えします。

開講もとい、開口一番、どうしても「暑い」という言葉が出てきてしまいますね・・・。

そんな季節にぴったり、新作の帽子のサンプルが完成しました。

 

ツバが短めなのでバッチリ日差しを遮ってくれるかと言われれば怪しいのですが(笑)

頭全体は守ってくれること間違いなし。

先日の中途半端な状態から(笑)数個作ってみました!

サンプルを作る時は、新しいものが出来ていくおもしろさはもちろんあるのですが、手順に慣れておらず上手く作るのも難しいです。

だからこそ向かっていく楽しさがあったりするんですけどね。

この他の色も試してみる予定です。

どんな風になるかは作ってみてのお楽しみ(*^^*)

 

実は帽子の他にも試作してみたものがあるんです。

それがこちら。

 

美容師の腰についていそうなポーチです。

部分部分で革を使用し、メリハリを付けてみました。

カシメの部分は、革を丸くくり抜いて生地との間にはさむことで強度が増します。

こういう細かいテクニックを以前は知らなかったので、教えてくれる人が周りにいるのは本当にありがたいことです。

最近のLABの商品にはちょこちょこではありますが革が使われ始めています。

革は包丁で切るのですが、いらないところに力が入っているようで、特に目なんかに力が入っているようで、革を切っている時はいつも目が乾いてコンタクトが取れそうになります(笑)

包丁なんて物騒な言葉が出てきましたが、もちろん普通の包丁ではないです!

裁ち包丁?って言うんですかね?

こういう革を切るための包丁があります。

型紙や生地なんかも切ったりします。

切れ味が悪くなったら砥石で研いで、また鋭い切れ味となって戻ってきてくれます。

手入れを続けて長く使っていく道具。

そんな道具たちと一緒に私も色々吸収して成長していきたいものです!

 

今年の夏は忙しくなりそうです。

店舗以外の場所でMUKU-MOが出没するかもしれませんので、出会ったらぜひお立ち寄りください(^^)

 

記事をシェアしてくれるとうれしいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)